now loading . . .
        






    
          
      2008/06/12 (Thu) 回復?
      2008/06/09 (Mon) 限界
      2008/06/09 (Mon) 翌日
      2008/06/09 (Mon) 衝撃
      2008/06/09 (Mon) 決断

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今までの経緯

イロイロあり過ぎて、随分時間が経ってしまいました。

退院後、Noahは全然ご飯を食べてくれず、お水を飲んだのも帰って来た直後だけ・・・処方されたお薬もあげないとイケナイのだけれど、翌日から薬をあげようとするとヨダレを流すようになってしまい、胆汁も吐いてしまった。
何より水を飲まなければ、脱水症状も起こす危険があるし、腎臓にも負担が掛かる・・・という不安から、
結局、翌日の夕方、再度病院に電話をして、T先生の薦めもあり皮下点滴を受けることに。

キャリーに入れた途端、またヨダレを垂れ流し始めたNoah…病院では抵抗する力もないのか、唸ったり近付いた手に噛み付こうとするくらい(これでもNoahちんにしたらオトナシイ方)で、何とか皮下点滴終了。

ところが・・・
点滴の前にT先生が触診したところ・・・またNoahのお腹のシコリが大きくなっているとのこと。
まだ手術をして水を抜いて3日も経っていないというのに・・・。
レントゲン 下から
レントゲン 横から

手術前に撮ったレントゲン


合併症も引き起こす可能性が充分にあるうえ、更にまた急激にシコリが大きくなっていると聞いて、目の前が真っ暗になった。
とりあえず、皮下点滴で水分と多少の栄養は取れるにしても、やはりNoah自らお水やご飯を食べるようになるまでは気が抜けない。
そして、診察中も帰りの車内でもヨダレを垂れ流し、家の前でまた胆汁を吐き・・・
点滴中に先生が仰っていたように、嘔吐やヨダレはやはりストレスによるようだけど、これからずっと病院に行く度に、こんなにNoahに精神的ストレスを与えてしまうのかと思うと、どうしていいのか分からなくなってしまった。

あまりに問題が多過ぎて、何から考えて何から解決していくべきなのかすら分からなくなってきた。
そして、そんな風に落ち込んで不安がる私に『まだ病理検査の結果も出ていないんですから』と、何度も励まして下さるT先生・・・避妊手術の時点でT先生に診てもらっていたら、きっと今頃全く違う結果だっただろうに・・・と、つぃ現実逃避で思ってみたり。


そして、また翌日(6月11日)。
明け方寝て、数時間で起きて、また転寝してしまって・・・を繰り返しているせいか、体中が痛くてダルい。
Noahを見守りつつも、あまり構ってストレスになっても・・・と思ったり。
T先生のお話だと、腎盂結石と水腎症のようだけど、ネットでイロイロ調べてみるけれど、やはりNoahのような症状は見当たらない。

そんなこんなで夜になって・・・針なし注射器で何度かお水や薬はあげたものの・・・日中は一切お水もご飯も口にせず・・・
今日はT先生もお休みなので、明日の朝イチでまた皮下点滴かと思っていたら。

お水を少しだけ飲んだ後、オシッコも出し、その数時間後には私の手からたった一欠片だけど茹で鶏も食べてくれた!!
Noahがほんの少しでも食べてくれたことが、本当に本当に嬉しかった。

この日の夜は、私の体も限界にきていたので、寝室の自分のベッドで寝たけれど、やはりNoahのことが気になって、結局夜中に何度も起きてしまった。
明け方になってまた目が覚めて、ふと足元を見ると・・・Noahが自力でベッドに上って私達の足元で寝ていた!!
私が近付くと、ピッタリ寄り添ってくるNoah…最近は暑くなってきたし、手術してからは苦いお薬を日に二度も無理やり飲ませているせいもあってか、Noahから近付いてくることなんてなかったのに。

確実にNoahは良い方向に向かっている!
ようやくその思いに自信が持てるようになった。
思い込みや願望じゃない。
絶対Noahは良くなる!

ぽょん ぽょん
手術前のある日のNoahちん
お腹はポョンポョン 腹毛はフッサフサ だったのに・・・ 

スポンサーサイト


今までの経緯

更に翌日。
午前中は用事があり、9時に病院のT先生に電話をしてNoahの様子を聞いて、お昼前に病院に行った。
『まだ心配だけど・・・今日の夕方には何とか退院できますょ』と言われて、ホッとする。

治療面や万が一を考えたら、病院に入院させておく方が良いのだろうけど、
体中を強張らせて、ツライ体で必死に威嚇しているNoahの様子を見たら、少しでも早く家に連れて帰りたかった。

病院に行くと、Noahは小さなプラスチック製のキャリーバッグから比較的大きなケージに移っていたけれど、
四方を犬に囲まれていた。
私達が入って行くと、ワンちゃん達は凄い勢いでけたたましく吠え出した。
多分、助手さんや先生が出入りする度にこんな感じなんだろう。
そして、肝心のNoahは・・・
ケージの入り口に背を向け、エリザベスカラーをした状態のまま、頭を壁側に擦り付け、全身の毛を逆立てながら、一生懸命壁に向かって唸っていた・・・。
とても見ていられなくて、スグにNoahを抱き上げると、目は虚ろでゲロ・オシッコまみれの酷い状態・・・。

いつもは物静かな彼が、目に怒りを湛えながら『今スグに連れて帰るぞ』と。

とりあえず、診察室横の処置室に誘導されて、Noahを連れて行くと、T先生がスグに診察室から出てきた。
そのままNoahの身体を軽く拭きながら、『もう連れ帰ってもいいですか?』と聞くと、
T先生もNoahの性格を考えると病院に居ても精神的ストレスが酷く、未だに飲まず食わずなため、その方が良いとの判断だった。

早速キャリーバッグを出すと、Noahはヨタヨタしながらも凄い勢いでキャリーバッグの中へ。

よっぽどお家に帰りたかったんだね・・・ごめんね・・・

そして、そのすぐ後にキャリーバッグの中で黄土色の胆汁を大量に吐いてしまった。
T先生曰く、昨日から何度も吐いていて、多分ストレスによるものだとのことで、それも家に着いたら経過を観察して欲しいとのこと。
もしストレスで吐いているのならば、家に帰れば落ち着くけれど、もし腎不全など他の原因からくる嘔吐であれば、またそれについて治療が緊急に必要になってくるためだ。

とりあえず、一刻も早く家に、安心できる場所に連れて行ってあげたくて、早々に先生の話も切り上げ、家に帰った。
帰りの車の中でも、Noahはヨダレを垂らし続け、家の前でまた胆汁を嘔吐した。

家に着いて、熱い蒸しタオルで何度も身体を拭いたけれど、臭いは取れない。でも傷口も大きいし、何度も拭くのはNoahに負担になると思い、途中で諦めた。

身体を拭き終えて、ケージをリビングに移動して、お水を用意すると、それまで病院では一切飲まず食わずだったせいか、凄い勢いで水を飲んだ。
さすがにご飯を食べるには至らなかったけれど、空腹にお水が効いたのか、夜には数回ヨタつきながらも自力でトイレもした。

そして・・・家に帰って来てからは、一度も嘔吐もヨダレも出なかった。
やはりストレスが原因だったことに、ホッとしていいのか、そんなになるまで追い詰めてしまったのかと悲しんでいいのか、複雑な気持ちだった。
ただ気になるのは、点滴をしていた方の前足が酷く腫れてしまっていたこと・・・きっと時間が経てば元に戻ると思いつつも、やっぱり心配。

今日はずっとNoahを見守っているぞ!と、私もリビングに居たものの・・・
妊娠している上に、このところよく眠れてなかったせいで、明け方気が付いたら寝てしまっていた。
以前だったら、Noahのことが心配で、幾晩も寝ないでいられたのに・・・これまた複雑な気持ちだけど、
このところ食事も睡眠時間も激減して、お腹の子に負担を掛けていることは確か。
ずっとずっと欲しくてたまらなかった赤ちゃんだから、大切にしたい気持ちはイッパイだけど、
今はNoahのことを最優先に考えたい。
身勝手な思い込みだけど・・・きっとお腹の子もNoahを応援してくれているハズ!





Noahの入院の状態について・・・
かなり主観的に書いてしまったけれど、あの状態も致し方ないことでもある。
Noahはある事件から、本当に病院や獣医さんが大嫌いになって、今回もどんなにシンドイ状態でも、
T先生や助手さん達に凄い勢いで威嚇を続けていたから、病院側でも正直持て余し気味だっただろう。
それと、コレは後から分かったことだけど、Noahの嘔吐やヨダレは完璧にストレスから来ていたようで、
助手さん達がNoahをキレイにしてくれると、その触られたストレスで、Noahはその後にまた吐いてしまう・ヨダレだらけになってしまう・お漏らししてしまう・・・という悪循環だったんではないかと想像。
(実際、そのような説明がT先生よりあったので)

・・・だけど。
やっぱり、あの時のNoahの姿を思い出すだけで、今でも辛く涙が出てくる。
もぅ二度とNoahのあんな姿を見たくない・・・。



そしてナゼ、こんな犬だらけの場所に・・・と思うけれど、
中国はペットと言えば犬が多く猫はあまり飼われていない
飼われていたとしても、昔の日本のように基本的に外飼いで、よっぽどの猫好きか血統書付きでない限り、
猫にお金を掛けることもほとんどないので、必然的に動物病院は犬だらけになる。
病院の性質上、経過を見守らないといけないペット達ばかりだろうから、一部屋にまとめてしまえば管理は楽だろうけれど、できれば猫や小動物は、少し離すなり別室にして欲しいとは思う・・・。



今までの経緯

手術の翌日、診療時間開始と同時に病院へ。
この日、見えているだけでワンちゃんが3匹入院していた。(奥の病室?には他にもいそう)

Noahは、小さなプラスチック製のキャリーに入れられていたのだけど、口からはヨダレを垂れ流し(嘔吐した跡もあり)、オシッコまみれの状態だった…。
スグに威嚇して噛み付こうとするNoahなので、若い中国人の助手さんには手に負えなかったのだろう。
急いでNoahをキャリーから出して身体を拭きながら、昨晩のNoahの様子を聞くと、夜中に何度か低体温を起こしたそう。
『T先生は?』と聞くと、『昨日はとても遅くてとても疲れているから今日は遅めに出勤する予定』とのこと。
そんな話をしていたら、T先生が出勤された。
昨日は、Noahの急で大きな手術があっただけでなく、私達が夜中まで居た上、更に何度かNoahが低体温を起こしたそうなので、きっとその度に電話なり呼び出しがあったと思うのだけど・・・。
T先生の獣医師としての姿勢と言うか、真摯な対応に感謝というより頭が下がる。

T先生から、再度昨晩のNoahの様子を聞く。
とりあえずオシッコまみれだったということは、無事オシッコはしてくれたワケだから、一番の不安材料であった正常な方の腎臓は、術後もちゃんと機能してくれているようだから、一安心とのコト。ただ、嘔吐と低体温が続いているので、その辺が気になるそう。
昨日、T先生が『前の病院のカルテがあれば…』と仰っていたので、朝イチでNoahが最初に手術をした病院に問い合わせて、コピーをもらえるようだったので、ひとまずそちらにコピーを取りに行くことにした。

前の病院に行くのは、1年半振り・・・とはいえ、前回は消毒してもらっただけだから、ほとんど2年半振り。
先にNoahの診察番号等伝えてあったので、既にカルテをコピーして袋に入れて用意してくれてあった。
(こ~いう準備・対応の良いことって日本じゃ普通だけど中国では珍しい!!)
S先生はもぅいらっしゃらないけれど、S先生と一緒にNoahを何度か診てくれた中国人獣医さんがいて、『あの子は元気か?ど~なった。今回はどうしたんだ?』と心配顔で話し掛けてくれた。
彼が中国語で簡単に説明すると、『そうか…再発しちゃったんだ』と、また心配顔に。
Noahがお世話になった他のスタッフも何人か出てきてくれた。
Noahのことをちゃんと覚えていてくれたことも嬉しかったし、やっぱりココの人達は温かいな~と感動した。

用事があったので、その前に今の病院にカルテを届けながら、再度Noahの様子を見に行くと、今度は血液検査の機械が入っている小部屋にNoahだけ移されていた。
どうやら、またNoahが低体温を起こしたらしく、小部屋に暖房機を入れて部屋ごと温めてくれていた。
またヨダレが出ていたので、口を拭いてやって、しばらく様子をみて、病院を後にした。

その後も、夜もNoahを見に行った。
昼間と変わらず、点滴をされながら小部屋にいるNoah。
唸るしかできなかったのが、少しだけ元気が出てきたのか、不用意に手を出すと咬もうとする。
それでも、私が頭を撫でると大人しくジッとしていた。

私には、頭を撫でて声を掛けることしか出来ない・・・。
家に連れ帰ることも、まだ出来ない・・・。

一見何の問題も無く元気だったのに、こんな風にしてしまって本当に良かったのだろうか・・・。
凄くツライのに、きっと安心できる場所でゆっくりしたいだろうに、こんな風に小さなキャリーに押し込めて、犬や聞きなれない人の声が響き渡る病院でたった一人のNoahを思うと、本当に切なかった。





今までの経緯

手術が終わったのは夜10時半過ぎ…。
麻酔のため、グッタリと横たわるNoah。
胸元からお腹までザックリ切られた手術の縫合後が痛々しい。

T先生の術後の診断は、覚悟していたこととは違っていたものの、違うカタチのショックだった。

『癌ではない可能性が高い』
『大きく膨れ上がっていた臓器は多分腎臓』
『その中に水が溜まっていて、結石もあり癒着していた』
『周りの癒着を剥がし、中を洗浄し、結石も取り出した』

「多分腎臓」というのは、本当に酷く変形していて、原型を留めていない上に、
血管や管、周りの臓器が酷く癒着を起こしていて、正常な位置になく、
他の臓器はあるが左側の腎臓だけがないので多分腎臓では…との判断らしい。

最初の手術(Noahが生後4ヶ月頃)の時、S先生が「胃」だと言っていたものは、
実は腎臓が変形して膨れ上がったモノだったのでは…と。
あまりにも酷い変形と酷い癒着で、ましてやまだ小さかった体の内臓では、判断が難しかっただろうとも。

お腹の中は数回の手術で酷い癒着をしているものの、胃は正常の状態らしく、
その代わり、Noahの体の左側にある膨れ上がった腎臓と脾臓が酷く変形している。
脾臓もブツブツと切れていて、ほぼ原型を留めていない状態から、
ごく小さい頃に、身体の左側に酷い衝撃を受けた可能性が高いとのことだった。
腎臓は右側の腎臓がちゃんと機能していれば大丈夫だが、腎不全を起こす可能性は正常よりも高くなり、
脾臓は(内臓の一部なんだからあった方が良いに決まっているが)無くても特に支障はないとのこと。

とりあえず、膨れ上がった腎臓らしき臓器の一部と中に入っていた結石を病理検査に出すそうですが、
中国には動物専門の病理検査をする機関がなく、人間用の病理検査の機関に何箇所かお願いをして、
最近ようやく1箇所からOKをもらえたばかりだそうで、まだ前例がなく、Noahが初めてなこと、
こちらのいい加減さからドコまで真剣に丁寧に診てもらえるかが分からないけれど、
何の臓器の一部か、癌かどうかくらいは判るだろうとのこと・・・。

膨れ上がってしまっている臓器(今の段階では腎臓と判断)は、
病理検査のためにほんの一部は切り取ったものの、溜まっていた膿や水を洗い流して、
まだNoahのお腹の中に残したまま・・・。
多分、この腎臓は全く機能していなかったと思われるが、ナゼ切り取らなかったかというと、
"腎臓"と確定していない状態で切除することは危険だとの判断、
そして酷い癒着をたくさん剥がしているのと、大きくなったシコリを急に萎ませているため、
体内の状態が一気に変わったこともあり、これ以上あまりいじらない方が懸命との判断だそう。

実際、最近やたら吐いていたのだけど、それでも数日に1度だし、
換毛期なのに私がお腹が大きいせいでしゃがむことが辛く、毎日ブラッシングできなかったため、
毛玉を吐くのが多いと思っていたのだけど、どうやらシコリがかなり胃や腸を圧迫していたらしく、
その為に吐くことが多かったのでは?と。

いずれにしても、まずは、体内をかなりいじったために正常な方の腎臓が上手く機能するか
(腎不全を起こさないか)が問題で、オシッコさえしてくれればひとまず安心だそう。


・・・と、T先生の診断結果を聞いている間にも、Noahは何度か嘔吐した。
今までこんなに吐いたことはなかったのに・・・。

ただ、前の先生の時は手術の間待つことも、術後のNoahを触ったりすることも許してもらえなかったので
実際、術後スグにNoahがどういう状態だったかは、分からない。
何度も手術しているのに、飼い主としてその術前・術後の様子さえ把握できていなかったことにも
愕然とした。

Noahから離れ難くて、ダラダラと居座る私。
勤務時間外に手術をしてくださっただけでなく、長時間にも渡る手術で心身ともにお疲れだろうに
嫌な顔一つせず、辛抱強く見守ってくださっているT先生。
『先生だってお疲れなんだから・・・帰るぞ』と、彼の一言で、ようやくその場を離れた。

T先生と今晩宿直だという中国人の若い助手さんに、よくよくお願いして、病院を後にした。


(多分)癌ではなかったけれど、別の意味でショックだった。
T先生の口ぶりでは、膨れ上がってしまったあの臓器を摘出することは非常に難しいようだ。
それに、摘出するにはまた手術することになる・・・。


今までの経緯

家に帰って数時間・・・頭の中では、ちゃんと結果が出ているんだけれど、まだ決断できず。
ネットで調べても、Noahのような症例は見付からず・・・
日本にいる猫友達に電話で相談して、ようやく決心がつく。

夕方6時になってようやく病院に手術をお願いする旨を電話して、急いでNoahを連れて病院へ。

気になっていた血糖値のことも踏まえ(血液検査で少し微妙な数値だったため)、T先生と再度よく話し合う。
以前は『飼い主さんがいるとペットが興奮するので』と、待合室で待つことすら許してもらえなかったのだけど
T先生は『大事なペットに何が行われているのか、飼い主さんが知るのは当然の権利』と、
手術の立会いすら可能であると言ってくださった。
さすがに、手術の立会いは邪魔になるだろうと思い、もし癌が手の施しようがない状態だったり、
他の原因で何の処置も出来ないと判断され、そのまま閉復することになった場合のみ、
お腹を閉じる前に私にも見せてもらえるようお願いした。
T先生は『どんな結果であれ、飼い主さんが納得されることが一番です』と快諾してくださった。

まずは点滴の管を入れて、その後に軽い麻酔をして、血糖値を調べるために再度血液検査をして
もし異常がなければ、そのまま手術をするという流れ。
今日午前中にあれだけ暴れてかなり疲れているだろうに、それでも全身で抵抗するNoah。
何とか管を入れて、麻酔をし・・・血糖値の数値も問題ない範囲だったため、手術が始まった。

数時間後、ようやく手術が終わる。
まだ麻酔が効いてグッタリしているNoah…本当にこれで良かったのかな。。。


                   
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。