now loading . . .
        






    
          
      2008/06/12 (Thu) 回復?
      2008/06/09 (Mon) 限界
      2008/06/09 (Mon) 翌日
      2008/06/09 (Mon) 衝撃
      2008/06/09 (Mon) 決断

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日も病院へ。
通院スタイルw  外を歩く時はジッパーを全部閉めます

ちょっと体調が良くなく(飼い主)、今日から点滴はしないで注射のみということもあって、いつもより1時間も遅くなってしまった。
病院に着くと、S先生のハグでお出迎え。
S先生はアメリカ人らしく、その愛情表現はとても温かい。Noahをいつも「Sweet Baby」と呼び(どの子にも言っているけどw)、診療前後のハグを欠かさない。Noahのコトを"He"と言ったり、"She"と言うのはご愛嬌w
S先生のお陰でNoahも私も病院に行く事がさほど嫌ではない。これがもし淡々とした事務的な対応だったりすれば、私も病院に連れて行くのは気が重かったと思う。Noahが痛い思いすることばかりだから

S先生は野良猫を診察中だったので、しばらく処置室のいつもの場所で待つことに。
手術の日から毎日点滴をしている子犬が韓国人女性の飼い主と今日も来ていた。
今までご飯も食べられなかったようだったけど、今日は先日のNoahと同じチキンを貰っていた。良くなってるんだねw 良かった♪
隣り合わせているものの、私も彼女とほとんど話した事はなかったけれど、既に顔見知りになっているせいか、Noahが「腹減った~!」と鳴くからか(←多分コレ)、チキンを分けてくれた。
凄い勢いで食べるNoah。 ご飯あげてないみたいじゃないか~ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ
丁度そこへS先生が。先生も喜んでNoahにチキンをあげたので、結局ワンちゃんのご飯を半分くらい貰ってしまった… (; ̄ー ̄A アセアセ
ワンちゃん&飼い主さん、どうもありがとう!o(_ _*)o
今日は体温チェックとS先生のお腹チェックの後(どちらも良好)、注射を2本。それと夜の消毒用キットを貰って今日は終わり。
何だかご飯を貰いに来たような…www

帰りしな、S先生にNoahに噛まれた傷(狂犬病)について聞くと、「この子はとても小さい時に拾われてそれからずっと外に出していないのだから、大丈夫。私も噛まれたけれど大丈夫ょ。これからも外に出したり、他の猫と接触させなければ心配ないわ。」とのこと。
中国に来る前に日本で2回までは狂犬病の予防接種を受けてきたけれど、半年後の最後の1回をやっていないので、最初の2回の効力がどれだけあるものか…。もしまだ不安だったらNoahが落ち着いてから予防接種に行って来よう。
【参考:中国 狂犬病に注意】
日本では既に狂犬病はほぼ撲滅された病気ですが、世界的には、オーストラリアを覗く、アフリカ・アジア・中南米のほとんどの地域で流行しています。中国では年間数千人が狂犬病で亡くなっているそうです。


スポンサーサイト

              
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://chainoah.blog34.fc2.com/tb.php/103-78719e8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。