now loading . . .
        






    
          
      2008/06/12 (Thu) 回復?
      2008/06/09 (Mon) 限界
      2008/06/09 (Mon) 翌日
      2008/06/09 (Mon) 衝撃
      2008/06/09 (Mon) 決断

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ここ数日(中国は年末なので)彼が忘年会で遅く、観葉植物を移動できないでいる。
下に移動用のコロがついているけれど重過ぎて回らないので、私一人では動かせない…(ノ´∀`;)
観葉植物に上ってセロームの茎を折るくらいならいいんだけど…心配なのが、固形肥料を口に入れてしまうかも??ってコト。

猫の躾には隔離も効くというので、初めてNoahを寝室にあるケージへ入れて知らん顔をしてみた。
Noahは私の姿が見えないのとケージから出られないので、か細い声で鳴いていた。

5分後・・・
ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!! すっかりご機嫌斜めになってしまったNoahちん

しかも…
なんかブチャイク・・・

なんか顔付が変わってしまったような…
ぶちゃいく~!
何枚も写真を撮ったけど全部こんな顔…( ̄_ ̄ i)タラー

ケージから出たくて金網に顔を擦り付けちゃったのかな~。
鼻筋がなんだか広くなったというか…もしかして腫れてる??
Noah自身は至って変わらず、鼻筋を触っても痛くなさそうだけど…。

ごめんょ…Noahちん。 アンタがそんなに繊細なコだとは…


そんなコトを思っていたら…
「セローム等のサトイモ科の植物は猫が中毒を起こす危険がある」と教えてくださった方がいらっしゃいました。更新が遅れているので日付が前後していますが…(ノ´∀`;)
Noahを飼う時に、調べて観葉植物は害があるものもあると知っていたのですが、代表的な植物(ユリ・アジサイ・アサガオ・ポトス等)だけ見て「家にはないや~」と安心していました。
よくよく調べてみたら、猫が中毒を起こす植物は700種類以上あるようで、サトイモ科フィロデンドロンのセロームはもちろん、(今は枯れてしまったけど以前家にあった)アイビー・スパティフィラムも毒性があると分かりました。
中国では日本のように細かい品種名がないうえ、中国名が付けられていることが多いので、これから植木を購入する時は気を付けなければいけないですね。
Sさん、教えてくださって本当にありがとうございます!m(_”_)m

参考になったサイト
【有害植物リスト】 / 【猫が食べたら危険な植物】
スポンサーサイト

              
コメント

あららぁ~  ノ ア ちゃん!なんか、お顔が・・・お顔が・

違うのはどうして?お鼻が広くなってる!そんな短時間に何が

あったの?(笑)  要は、むくれちゃったのよねぇ~ ムフッ

閉じ込められたことなんて初めてだったから、お顔が変わるくら

い、怒ったノア子ちゃまでした!(爆)
---------- riru [ 編集]* URL * 01/31, 01:46 -----

>riruさん
(* ̄m ̄) ププッ
凄い顔でしょ~w
顔付が変わっちゃった時は「ずっとこのままの顔だったらどうしよぉ~(;_;*)オロオロ(*;_;)オロオロ」って焦っちゃった。
今はすっかり元通り~。
でも…結局なんだったんだろう…やっぱりケージに顔を擦り付けてたのかな。
顔が変わるほどムクれるノアって一体…(ノ´∀`;)
---------- ちゃいのあ [ 編集]* URL * 01/31, 04:17 -----
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://chainoah.blog34.fc2.com/tb.php/221-53ded59d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。