now loading . . .
        






    
          
      2008/06/12 (Thu) 回復?
      2008/06/09 (Mon) 限界
      2008/06/09 (Mon) 翌日
      2008/06/09 (Mon) 衝撃
      2008/06/09 (Mon) 決断

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Noahを拾う時・・・かなり悩んだ。

元々私も彼も犬好きで「犬を飼いたいね」なんてよく話していた。
でも。
私達は中国の人間じゃない。彼の国も含め、年に数回は自分の国へ帰省する。特に旧正月は彼の実家に夫婦で帰るのが当然という感じ。私もいろいろ事情を抱えているため、日本へ長期帰国する可能性も無きにしも非ず。
国と国とをペットを連れて行き来するのは、そう簡単なコトじゃない。例えそれが出来たとしても、人がたくさんいる空港、数時間のフライト、慣れない環境・・・どれもペットのストレスになるだろう。
じゃぁ、誰かに預ける?
例えば、旧正月は家族の絆を大切にする中国でもっとも大切なお休み。まず快く預かってくれる人はいないだろうし、いたとしても何かあった時にはお互い辛い。きっと私は後悔すると思う
経済的な面では凄い勢いで上昇している中国でも、サービス面は「???」ということばかり。ペットホテルがあるにしても思うようなサービスは受けられないだろう。
だから、結局「ペットが可哀相だから飼うのはやめよう」で話は終わり。

そんな矢先に出遭ったNoah。
「この仔猫を見捨てることは出来ない。とりあえず元気になるまで面倒を見てその間に里親でも探せば・・・」という気持ちで連れて帰った。この時は「こんなに小さいし可愛いのだから、きっとスグに里親が見付かるだろう」と安易に考えていた。
でも。
上海のペット事情を知るにつれて、いかに中国で”良い里親”を探すのが大変なのかを痛感した。
せっかく守れた大切な命・・・Noahには幸せになってもらいたい。

・・・じゃぁ自分達でこのまま飼うのか?
それはNoahにとって”幸せ”なコトなのだろうか?
猫は賢い動物だから、餌と水・トイレさえちゃんと用意しておけば、数日間のお留守番くらい出来るという。
本当なのかな・・・。
あまりにも私にベッタリなNoahを見ていると、本当に私がいなくても大丈夫なのかな?
こんな風なのは仔猫の時期だけなのかな?
ある方の猫ちゃんは2日間の入院ですらかなりのストレスだったらしく、結局猫ちゃんがいる間は旅行すらしなかったそう。
もしNoahもそうだったら・・・?

Noahが本当に大切だと思う。Noahには幸せになって欲しい。
だからこそ、安易に「飼う」と決断出来ない。



「Noahが1人(1匹)で眠れるように」というのも、そんな気持ちからだった。
一緒に寝ることは容易い。というより、私だって一緒に寝たい
だけど飼う覚悟も出来ていないのに、Noahを自分に馴れさせていいのだろうか・・・。
可愛がるだけ可愛がって、都合が悪くなったら他の人に託すなんて、そんなのエゴだと思う。

でも私が思っているよりも猫ってもっと強かなのかな・・・(-ω-;)ウーン
スポンサーサイト

              
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://chainoah.blog34.fc2.com/tb.php/31-754700af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。