now loading . . .
        






    
          
      2008/06/12 (Thu) 回復?
      2008/06/09 (Mon) 限界
      2008/06/09 (Mon) 翌日
      2008/06/09 (Mon) 衝撃
      2008/06/09 (Mon) 決断

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今、Noahのお腹には2つの手術跡があります。

ナニから書けばよいのやら・・・




昨日の朝、支度をしてNoahを病院に連れて行こうとしたら、いつもとは違う不穏な空気を読んだのか、Noahは今まで入ったことのないような場所に入り込んでかなり手間取ってしまった。こんなことは初めて

病院に着いてNoahを引き渡した。A先生のお話では手術は去勢手術程度だから、待っていても構わないとのことだったけれど、用事もあったので、A先生に再度手術の確認をしてよくよくお願いして病院を後にした。

修理に出していたパソコンを受け取りに徐家匯まで行った後、病院に電話をするとまだ手術中とのこと。パソコンもあるし一度家に帰ろうかとも思ったけれど、やはりNoahが心配なのでそのまま病院へ。

病院に入ると、手術は終わっているようで、顔を合わせるなりA先生が『手術終わりましたけど・・・穴、無かったですょ』と。
『えぇ?そんなバカな・・・じゃぁアレはなんで?』と言うと、『僕が聞きたいくらいですょ。』と・・・。

先生が他の患者さんのカルテを書いている間、まだ麻酔が効いてケージの中で眠っているNoahを見ながら、
「そんなハズは・・・何度も何度も触ったのに・・・もしそうだったら不必要な手術をさせてNoahに負担を掛けてしまっただけなの?」と頭の中で今までのことがグルグル回った。

カルテを書き終えた後、A先生はケージからまだ眠っているNoahを診察台に移してお腹の手術跡を指しながら、
『ココのお腹の穴を目指して切ったんですけどね、穴が無いので下のほうまで切ってみたんですが、やはり無いんですょ』と。

・・・ん?

( ̄- ̄)......?
お腹の穴はココじゃないような・・・。

Noahのお腹を触ってみると、やはりお腹の穴は全く別のところにある。

『先生、穴はココです。』と言うと、
『あ!ホントだ!間違えた~!どうりで穴がないはずだ。まだ麻酔が効いているから、スグにやり直します。』と、
Noahを抱えて扉の向こうに消えてしまった。


・・・呆然。


先生も看護婦さんも"やっちゃった~!"みたいな雰囲気だったので、思わず私もその雰囲気に飲まれそうになったのだけど・・・。

間違えた・・・って・・・?

誤診??

だって・・・
病院に何度も通っているのに、切る場所を間違えるなんて!!
しかも最初に切った場所は、今回のヘルニアとは全く離れている。
Noahのお腹の穴は人間で言うとみぞおちの辺り。A先生が切った所は人間で言うとお臍から股方向へ5cmくらい。
今回はヘルニアの手術なので皮膚と腹膜などの表面を切っている。


なんで?なんで??

アタマの中が混乱して、病院を出て思わずぐっちさんに電話をした。話を聞いてもらっているうちに、あまりのいい加減さに悔しいのとNoahに申し訳無いのとで涙が出てきた。
ぐっちさんは、私を心配してくれて、病院まで駆け付けてくれた。

電話を切って先に病院に戻ると、Noahの手術は終わっていた。
A先生は開口一番、『すいませんでした。僕のミスです』と言うと、淡々と手術の説明を始めた。
手術の説明を受けているうちに、またいろんな感情が湧き上がって来た。
感情的になってはイケナイ。ちゃんと話さなきゃ。と思うのだけど、言葉が上手く出てこない。
そこへぐっちさんが到着して、冷静にいろいろ話してくれて、私も気持ちが少し落ち着いてきた。

A先生は『今回のことは僕のミスです。すみませんでした。』と何度も謝罪をしてくれたけれど、私が憤っているのは今回のことだけではない。
胸が苦しくて頭の中がグチャグチャで、言葉が上手く出て来ないけれど、出来るだけ言葉を選んで今までの気持ちを伝えた。
先生は『すみませんでした』を繰り返すばかりで、先生にドコまで伝わったのか・・・。

その内、Noahも麻酔から醒めてガタガタ震えたり、グッタリしてきたので、最後にもう一度自分の気持ちを言って病院を後にした。

きっと私一人では、感情的になるばかりだっただろうし、あのままの雰囲気では軽く流されて終わっていたかも知れない。ぐっちさんがいてくれて本当に心強かった。


Noahは家に着いてしばらくはグッタリして、体はフラフラで上手く立つことすら出来ないので、ぐっちさんのアドバイス通り温かい状態にしてNoahをケージに寝かせた。
まだ麻酔から醒め切っていないNoahは、私が手を差し出しただけでも敏感に反応して威嚇するけれど、時間が経過するにつれ少しずつ私達のことも分かるようになって、トイレもちゃんと教えてくれて、まだ覚束無い足取りながら自分でちゃんと出来た。
えらいょ!Noahちん。

・・・でも。
今回のことで何より痛くて辛いのがNoah自身。
どんなに私が泣いても、後悔しても、Noahのお腹の傷が無くなるわけではないのだ。
そして心配なのが、この傷からヘルニアが再発すること・・・。
先生は『手術の傷は丁寧に縫ったから、そこから再発する可能性はまずない』と言っていたけれど、今回のヘルニアも、手術跡に出来ていること、縫い目から裂けた可能性が考えられることを踏まえると、やはりもし再発するのであれば今回の傷口からではないだろうか・・・。
Noahを健康にしたいと願ってした手術なのに、余計な傷を作ってしまうなんて・・・。




Noahのヘルニアが判った8月から何度も病院に通っていて不安に思うことがイロイロとあったのですが、このブログを見て下さっている中には上海在住のペット飼いの方もいらっしゃると思い、詳しくブログに書いていませんでした。
今回の手術費は結果としては請求されませんでしたが、お金どうこうではなく、私は気持ちの上で納得出来ていません。だからと言って、A先生を中傷したいわけではないのです。
ココに詳しくは書きませんが、Noahのことを心配してくださっている皆さんに今の状態とその経緯をご報告したくて書きました。

スポンサーサイト

              
コメント

…ひどい!!
先生に悪意がないのは分かるけど…何度も何度も診ていたネコなのに、間違うなんてことがあるのかな?!
ちゃいのあさんの、混乱する気持ち、痛いほど分かります。だって、悩んで悩んで、でも健康にしてあげたくて
のぞんだ手術なのに…
ただでさえ、手術というだけでも、辛いのにね。
間違うなんて…そんなことがあっていいのか?!
…前回、「先生とNoahちゃんを信じて手術に望んで下さいね」なんて書いたことを後悔してしまうくらいです…
私も胸が張り裂けそうです。

ちゃいのあさんとネットで知り合ってからそれほど経っていないけど、もうすごくNoahちゃんに感情移入してしまっていて、本当に心配&応援していました…やっぱりネコが大好きなので、すぐ自分の子と同じように考えてしまいます…

でも、ちゃいのあさん、自分を責めないで下さいね。
ちゃいのあさんの、我が子を想う気持ちは、Noahちゃんにも伝わっているはず…
トイレもちゃんと自力で出来たんですね。えらいね、Noahちゃん。本当に、私も、なんとも言いようのない気持ちに、涙が出てきます…
本当になんと言ったらいいか分からない…
うまく言えないのに、コメントしてごめんなさい…
Noahちゃんの回復を強く強く祈っております。
今度、神社かお寺にお参りに行って来ます!
Noahちゃんがんばって!
---------- にゃうちろ [ 編集]* URL * 01/30, 21:44 -----
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- [ 編集]* * 01/30, 23:28 -----

>にゃうちろさん
Noahを親身に心配してくださって、本当にありがとうございます。(゜ーÅ) ホロリ
にゃうちろさんが応援してくれたことは本当に嬉しく思っています。
ブログの性質上、私もどこまで書いていいのか分からないのですが、今回の件は、単なるミスや事故ではないと思っています。
でも、手術をするのを決めたのは私。不安要素があるにも関わらずあの先生にお任せするのを決めたのも私。
どんなに後悔してもNoahの体は命に関わるような傷ではないとはいえ、元には戻らないのだし、早く冷静になって、同じようなことが無いよう、これからのことを考えたいです。

にゃうちろさんの温かい気持ち・・・胸に沁みました。
本当にありがとうございます。
---------- ちゃいのあ [ 編集]* URL * 01/31, 01:18 -----

ちゃいのあさん、
私もとてもショックで、貴女にかける言葉が見つからない
のが今の正直な気持ちです。
ただ、あの先生に手術をお願いしたことで御自分を責めるのはやめて下さい。
今までの状況から考えてみてもやはり、誰であってもあの先生にお願いしたと思うのです。

今回はこのような予想もしないことが起こってしまったのだけれど、でもノアちゃんの命にかかわることでなかったことが、とりあえずは、不幸中の幸いだったと思うのです。
そして今後のノアちゃんの体については、今はどうしていって良いのか、全く分からないと思いますが、
皆で知恵をしぼって色々考えて行きましょうよ。

でもノアちゃんは本当にいつでも頑張っていい子で、
驚きます。今回もきつい状態なのに、ちゃんとトイレを自力で出来たことを読み、以前の手術のときの頑張ったノアちゃんを思い出しました。
きっと、お母さんに心配かけまいと一生懸命なのかな?
けな気過ぎて、涙が出ます。

ノアちゃん、
今回も本当に頑張ったね。本当にえらかったね!
私もノアちゃんの回復と再発しないこと、心から祈ってます
あと、もう少しだけがんばってね。
ちゃいのあさん、こんなとき、難しいと思うけど
少しでもプラスの方向に考えて行きましょうね。
応援してます!

(全然気のきいたコメントじゃなくてごめんなさい。)



---------- riru [ 編集]* URL * 01/31, 03:10 -----

ノアちゃんの具合はどうですか?
ただ一緒に先生の説明を聞いただけでちっとも助けにならなくて、頼りにならなくて本当にごめんね。
家に帰ってから「言うべき事、聞くべき事」などが今更のようにとりとめもなくこみ上げてきて、胸がくるしいよ。
私がこの状態なんだからちゃいのあさんの胸の内を考えると、、、...。

「先生がなんでミスをしてしまったのか、これまでの処置や診察は適切だったのか」は「これまでの通院時の先生の言動と事実の積み重ね」によりちゃいのあさん側からの視点で想像することはできる。しかしあえてそれを語らず「起こった事実」だけを書かれています。
ややもすれば己の主観に偏りがちな事態です。よくぞここまで纏め、冷静に書かれました。

手術後の動顚した最中での説明だけでは「先生の内実」まで知ることはできない。
(そもそも自分自身の内実でさえ理解するのが難しいのに他人の内実などどんなに言葉を重ねても「想像」の範疇を出ない。しかしそれを踏まえた上で「理解しようとする努力」を捨ててはならない、とは思いますが。。。あ、これは先生をとことん話し合うべきだという事ではなく一般論としてです。)

今私が一番知りたいのは先生側の視点からの「ミスに至るまでの原因」。「診療~手術直前まで」と「手術」に分けてそれぞれに対して「先生が考えたミスを招いてしまった要因」が聞きたい。それと一番重要なのはその要因に対しての具体的な「再発防止策」。

第三者としてそばに居た私が冷静に追求しなくてはならない事だったのに、私は一体何をしに行ったのでしょう。
ホントに愚かだった。

ノアちゃんの一日も早い回復を祈っています。
---------- しましま家のぐっち [ 編集]* URL * 01/31, 11:52 -----

ノアちゃんよく頑張ったね、お疲れ様!
ちゃいのあさんもよく頑張りました、お疲れ様です。
もう終わってしまったことを悩んでも仕方ない!
前向き!プラス思考だ!
これからはノアちゃんがストレスなく、快適に過ごせるようにしてあげましょうね
---------- 華 [ 編集]* URL * 01/31, 12:40 -----

元気になったら、いーっぱい噛み付いていいぞ!
私が許可する!!
うふ
うふふふふ~v-78
---------- しめじ [ 編集]* URL * 01/31, 15:22 -----

>riruさん
本当にいつもNoahだけでなく私のことまでご心配くださってありがとうございます。(゜ーÅ) ホロリ
最初は自分を責めたり、Noahが可哀想で泣いてしまったりしていましたが、手術から二晩経ち、ようやく冷静になって、自分が何を求めているのか・これからどうすべきかを考えています。
避妊手術の経験もあるので、麻酔から醒め切っていない状態やその後の様子は特に心配していませんが、以前と違うことは、避妊手術の時はそれほどお腹が垂れていなかったこともあるでしょうけど、今回切られた下腹部の傷が歩くと擦れて痛むようで、歩き方が違うことです。
傷が痛いんだろうに、それなのに私の姿が見えないとトテントテンと歩いて私を探すのです。
こんなNoahを見ていると、つぃ感傷的になってしまいますが、いつまでも感傷に浸っていないで前を向こうと思います。
こんな風に思えたのも、riruさんはじめたくさんの方が応援してくださっていること、身近に親身になって協力してくれるお友達がいるお陰です。
本当にありがとうございます。


>ぐっちさん
とんでもない!!
ぐっちさんには本当に何から何までお世話になりっぱなしで、本当に感謝してるょ~!!
私一人では感情的になったり、独りよがりになっていたと思う。
今回のことはNoahと私だけの問題じゃなくて、上海にいるペット飼いの日本人にとっても肝心なことだと思うから、冷静に何が一番ベストなのかを考えていくょ。
Noahに起きてしまったことは今どんなに言っても変わらない事実なのだから・・・。
本当にありがとうね・・・(゜ーÅ) ホロリ


>華さん
Noahや私の事、気に掛けて心配してくださってありがとうございます。(゜ーÅ) ホロリ
そうだよね。
いつまでも下を向いているんじゃなくて、前を向く。
私がいつまでもウジウジしていたら、Noahにとっても悪影響。
逃げることもできるけど、逃げたくないです。
Noahのためにも。
---------- ちゃいのあ [ 編集]* URL * 01/31, 15:31 -----

>しめじさん
(*ノωノ) イヤン 入れ違い~!
しめじさんもホントありがとね~(゜ーÅ) ホロリ
お友達の大切さが本当に身に沁みる今日この頃。

Noahちんが元気になって・・・咬まれるのは困る~ぅ。痛いから。
きっとNoahはイイ子だから咬まないさっ!(;¨)(;・・)(¨;)(・・;) ウンウン
---------- ちゃいのあ [ 編集]* URL * 01/31, 17:21 -----
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- [ 編集]* * 01/31, 20:16 -----

正直こんな大変な事があったなんて、全く想像しておりませんで、どのような言葉を掛けたらいいのだろうかと悩んでしまいました。
結果として手術にミス(それ以上の事も)があったとは思いますが、ノアちゃんが一日も早く快復されるようお祈り申し上げます。

我が家の猫も避妊手術の時、子宮に奇形があり、傷口が大きくなってしまって随分と痛そうにしていた時期がありました。
ノアちゃんとは比較にならないほど小さなものだとは思いますが、時間が取れる時には優しく話しかけたり、頭や背中を撫でたりしていました。
術後数日間は、かなり警戒し人間不信状態になっておりましたが、段々と心を開いてくれた様に思います。
もし良かったらお試しになってみて下さい。

辛い時こそ前を向いて、ノアちゃん&ちゃいのあさんご夫妻で一歩ずつ歩いていきましょう!
---------- ツバキ [ 編集]* URL * 01/31, 23:47 -----

ちゃいのあさん、お久しぶりです!

15日から仕事に復帰して、毎日死にもの狂いで働いているため、何も余裕がなくて連絡出来ずに御免なさい。
(でもノアちゃんと貴女のこと毎日思い出すよ)

お正月明け念願の約束どおり、夢にまで見たノアちゃんにようやく会えた!
本当に可愛くて、目が大きくてじっと見つめる眼差しが素敵で・・・・置物のようにおすまししてチョコンと座ってたり・・・・・
何より、初対面の私にも身体を触らせてくれるほど慣れてくれて・・・・・本当に嬉しかった!
あの時のノアちゃんの良い匂い、柔らかい感触が今でも忘れられません。また触りたい・・・・・・

実際会ったノアちゃんは、思ったよりずっと元気で大きくて、毛並みが良くて・・・・元気のオーラが出ていた。
だから、私の直感(私は霊媒体質です)で手術する必要ないかも?と言った・・・・・

ちゃいのさん、どうか自分を責めないで!
貴女は、ずっとノアちゃんのこと考えて、悩んで、良かれと思う選択をした。そのこと、私も少なからず知ってる。
それは間違ってないよ!ノアちゃんも分ってるよ!
病院については、私も言いたいことあるけど・・・ここでは止めます。

私も信仰しているお寺にまた行って、ノアちゃんの健康を心から祈願してきます!今から祈ります!
(美玲はお陰で18歳5ヶ月と言う信じられない寿命を全うして、私の手の中で亡くなって、今安らかにお寺で眠ってます)

私を信じて!そしてノアちゃんの「生命力」を信じて!ノアちゃんは絶対、絶対良くなるから!
ノアちゃんは本当に考えられないくらい「強運」なんだよ!
あんな悲惨な状況から貴女に救われて、奇跡の生還をしたんだからね!
きっと、事態は良い方向に行くから!希望を持って!






---------- 美齢 [ 編集]* URL * 02/01, 01:11 -----
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- [ 編集]* * 02/01, 03:59 -----

昨日この記事を読みましたが、なにも言うことができませんでした。
一日経てばなにか言うことができるかと思いましたが、やはりなにも言えそうにないです。ごめんなさい。

とにかく、命に別状のあるようなミスではなかったのですね。
それだけが幸いだったと思います。
---------- 漱石 [ 編集]* URL * 02/01, 04:07 -----

コメントのお返事が遅れがちになってしまってごめんなさい。
非表示の方のコメントも有難く読ませて頂いています。

>ツバキさん
励ましのお言葉、ありがとうございます!(゜ーÅ) ホロリ

今回の件をブログに書くか迷ったのですが、現実起きてしまった避けては通れない事実ですし、Noahを見守ってくださっている皆さんにちゃんとご報告をするべきだと思い、出来るだけ私情は交えないように事実だけを書いたつもりです。
Noahは傷が痛んで心細いのか、私の傍にいようとするので、時間の許す限り一緒に床に寝転んだりしながら、褒めたり撫でたりしています。Noahと一緒にいる事で私も癒されています。


>美齢さん
先日は遊びに来てくださってありがとうございました!
たくさんお話聞かせてもらって楽しかったです。
いつもは臆病なNoahがいつもとちょっと違ったのでビックリしました。

手術に関しては自分が悩んで悩んで選んだ結果なので、後悔していません。
ただ今回の件に関しては、(結果はどうであれ)自分の納得いく形で終わらせようと思っています。
もちろん、ヘルニアの再発は不安だし、それについての答えはまだ先になるでしょうけど・・・。
お参りもとても嬉しいですが、美齢さんも今大変な時期ですから、あまりご無理なさらないでくださいね。
Noahや私の事を心配くださって本当にありがとうございます!


>漱石さん
こちらこそ、ご心配お掛けしちゃってごめんなさい。
皆さんにご心配を掛けると分かっていながら、やはり報告せずにはいられませんでした。
Noahは日に日に元気になっています。
起きてしまったことよりも、これからが大事だと思って、今はNoahの傍に着いてNoahの回復を見守っています。
Noahを見守ってくださって、本当にありがとうございます!(゜ーÅ) ホロリ
---------- ちゃいのあ [ 編集]* URL * 02/01, 17:26 -----
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://chainoah.blog34.fc2.com/tb.php/396-7860225f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。