now loading . . .
        






    
          
      2008/06/12 (Thu) 回復?
      2008/06/09 (Mon) 限界
      2008/06/09 (Mon) 翌日
      2008/06/09 (Mon) 衝撃
      2008/06/09 (Mon) 決断

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今までの経緯

手術の翌日、診療時間開始と同時に病院へ。
この日、見えているだけでワンちゃんが3匹入院していた。(奥の病室?には他にもいそう)

Noahは、小さなプラスチック製のキャリーに入れられていたのだけど、口からはヨダレを垂れ流し(嘔吐した跡もあり)、オシッコまみれの状態だった…。
スグに威嚇して噛み付こうとするNoahなので、若い中国人の助手さんには手に負えなかったのだろう。
急いでNoahをキャリーから出して身体を拭きながら、昨晩のNoahの様子を聞くと、夜中に何度か低体温を起こしたそう。
『T先生は?』と聞くと、『昨日はとても遅くてとても疲れているから今日は遅めに出勤する予定』とのこと。
そんな話をしていたら、T先生が出勤された。
昨日は、Noahの急で大きな手術があっただけでなく、私達が夜中まで居た上、更に何度かNoahが低体温を起こしたそうなので、きっとその度に電話なり呼び出しがあったと思うのだけど・・・。
T先生の獣医師としての姿勢と言うか、真摯な対応に感謝というより頭が下がる。

T先生から、再度昨晩のNoahの様子を聞く。
とりあえずオシッコまみれだったということは、無事オシッコはしてくれたワケだから、一番の不安材料であった正常な方の腎臓は、術後もちゃんと機能してくれているようだから、一安心とのコト。ただ、嘔吐と低体温が続いているので、その辺が気になるそう。
昨日、T先生が『前の病院のカルテがあれば…』と仰っていたので、朝イチでNoahが最初に手術をした病院に問い合わせて、コピーをもらえるようだったので、ひとまずそちらにコピーを取りに行くことにした。

前の病院に行くのは、1年半振り・・・とはいえ、前回は消毒してもらっただけだから、ほとんど2年半振り。
先にNoahの診察番号等伝えてあったので、既にカルテをコピーして袋に入れて用意してくれてあった。
(こ~いう準備・対応の良いことって日本じゃ普通だけど中国では珍しい!!)
S先生はもぅいらっしゃらないけれど、S先生と一緒にNoahを何度か診てくれた中国人獣医さんがいて、『あの子は元気か?ど~なった。今回はどうしたんだ?』と心配顔で話し掛けてくれた。
彼が中国語で簡単に説明すると、『そうか…再発しちゃったんだ』と、また心配顔に。
Noahがお世話になった他のスタッフも何人か出てきてくれた。
Noahのことをちゃんと覚えていてくれたことも嬉しかったし、やっぱりココの人達は温かいな~と感動した。

用事があったので、その前に今の病院にカルテを届けながら、再度Noahの様子を見に行くと、今度は血液検査の機械が入っている小部屋にNoahだけ移されていた。
どうやら、またNoahが低体温を起こしたらしく、小部屋に暖房機を入れて部屋ごと温めてくれていた。
またヨダレが出ていたので、口を拭いてやって、しばらく様子をみて、病院を後にした。

その後も、夜もNoahを見に行った。
昼間と変わらず、点滴をされながら小部屋にいるNoah。
唸るしかできなかったのが、少しだけ元気が出てきたのか、不用意に手を出すと咬もうとする。
それでも、私が頭を撫でると大人しくジッとしていた。

私には、頭を撫でて声を掛けることしか出来ない・・・。
家に連れ帰ることも、まだ出来ない・・・。

一見何の問題も無く元気だったのに、こんな風にしてしまって本当に良かったのだろうか・・・。
凄くツライのに、きっと安心できる場所でゆっくりしたいだろうに、こんな風に小さなキャリーに押し込めて、犬や聞きなれない人の声が響き渡る病院でたった一人のNoahを思うと、本当に切なかった。



スポンサーサイト

              
コメント

えーん。noahちゃん
早く良くなりますように
お祈りしかできないけど…
マーシャとともに祈ってます。ホントに。

マーシャが、へんなセキをして
検査するのに一晩預けたとき
およそ一日で1.5㎏体重が減りました、私。
ゴハンものどを通らなくて…
マーシャはぜん息ということで、3日に一度投薬をしており
今は滅多に発作が出ず元気でいますが。
ちゃいのあさんも体が大変なときなので
どうぞご自愛ください。
---------- にゃうちろ [ 編集]* URL * 06/19, 19:14 -----

>にゃうちろさん
ご無沙汰してます。
ご心配くださってありがとうございます。
マーシャちゃん、喘息だったんですか。
滅多に発作が出ていないのもにゃうちろさんの愛の賜物ですね。
原因が分からない状態というのが一番ツライですよね。
今も結局原因が分かったわけではないですが、
ノアが少しずつ元気になってくれていることだけが支えです。


---------- ちゃいのあ [ 編集]* URL * 06/21, 02:06 -----
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://chainoah.blog34.fc2.com/tb.php/434-801fbb73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。