now loading . . .
        






    
          
      2008/06/12 (Thu) 回復?
      2008/06/09 (Mon) 限界
      2008/06/09 (Mon) 翌日
      2008/06/09 (Mon) 衝撃
      2008/06/09 (Mon) 決断

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仔猫は水も飲まずグッタリしたまま。
小さな小さなスプーンで少しずつミルクを飲ませる。

そうこうしている内にあっという間に夜になってしまった。
彼が帰って来て、フロントライン(猫の蚤ダニ駆除剤)の注意書きを確認してもらって、仔猫にフロントラインを塗る。こんなに小さな仔猫に劇薬を塗ることに不安。

仔猫は最初は便秘のようだった。
ネットで調べたようにティッシュで紙縒りを作って、温水で濡らしてお尻をちょんちょんと突付いたり、綿棒にベビーオイルを塗ってお尻を刺激したり。
ようやく出始めたら、今度は酷い下痢で、即席で作ったトイレから離れられない。トイレの度にお尻を拭いていると、穴から白いモノが…。
きっと回虫だ。
回虫を引き千切らないように注意深く引き抜く。
この子の下痢はコイツが原因の様子…。

スグにでも動物病院に連れて行きたいけれど、中国の病院は動物病院に限らず、かなり当たり外れがある。
下手な病院に連れて行けば、大した処置もしないで(私が外国人だから)法外な請求をする事も有り得る。それどころか仔猫の命だって危ないかも…人間の病院だってそうなのだから。

今私に出来る事は、仔猫を温かい場所に置いて、ミルクをあげることくらい。
彼は猫が苦手のようで、家が蚤の住処になる方が心配らしい。

元獣医という韓国人の友達に電話をするものの…繋がらない。
ネットで上海の動物病院の情報を集めるものの、古い記事だったり、不確かな情報だったり…。

スポンサーサイト

              
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://chainoah.blog34.fc2.com/tb.php/6-bf547397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。